福岡女性用出張エステ。ルネサンス式英国アロマ採用。男性セラピストの施術にはヒーリングパワーが身体に入りやすく、大変気持ちがよく、大きな手で全身を包み込まれる感覚は、大勢のリピーターから絶大な人気があります。施術(トリートメント)に使用する精油は100%天然のアロマオイルです。

Instagram

koutaaroma

福岡女性用出張アロママッサージ男性セラピスによるバストアップエステ。#博多 #男性セラピスト #福岡 #中洲 #バストアップ #アロママッサージ #女性向け風俗 #エステ #アロマトリートメント #アロマ #アロマセラピー #女性用風俗 #女性向け性感マッサージ #出張ホスト #ホスト

投稿101件フォロワー628人2.36K人をフォロー中

Instagram
健康的で心身ともに充実した日常を送るために、特に必要とされるのがホルモンバランスです。ホルモンバランスの乱れは20代の女性から起こる事ですが気が付かずに日々を過ごす方が多く、実感として顕著に現れるのは30代半ば~40代となります。気が付いたときにはメンタルにも影響して「何だか会社が辛い」「いつもイライラしてしまう」という症状から抜けきれなくなってしまいます。なので少しでも早い時期からのケアが必要という訳です。

特に影響を与える女性特有の2種類のホルモンバランスが崩れる事で不調を引き起こすと言われています。月経周囲に伴いこの2つのホルモンが増減しますが、20代後半~30歳程度をピークに安定期は過ぎていき、どうしてもバランスが狂ってしまいます。そのため2つのホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の分泌を促して安定を求めるのですが、例えば生理前に欲しくなるのは本能的なものであり当然の欲求です。ご自身が意識するかに関わらず、この欲求を抑圧し過ぎると、抑圧そのものが不安・イライラを招き、悪いスパイラルに入ってしまいます。そうなる前にご自身を潤してあげる時間を持ちましょう。

福岡男性セラピストの女性向け出張アロママッサージ

バストアップするために、アロマトリートメント

バストアップするためのマッサージには2つのステップがあります。第1ステップは、バストに沈殿している乳酸、老廃物を取り除きマシュマロのようなふわふわおっぱいにするアロマトリートメントです。第2ステップは、バストを鍛え、張りのある胸にし、カップ数を上げるためのバストアップトレーニングです。個人差はありますが、1カップから最大2カップまで大きくすることが可能です。さらに、マッサージを続けるほど乳首や乳輪がピンク色になり、乳首が上を向いて乳房の形が美しくなっていきます。女性にとってバストはシンボルです。自分の乳房と思えないほどの喜びを得る事は間違いないです。



バストアップするには、女性ホルモンと成長ホルモンが分泌されて、初めてアロマトリートメントの効果が現れます。まずは、バストとはどういう構造なのか、どういう仕組みで膨らむのかなどを説明していきます。構造や仕組みを知ったうえでバストアップマッサージをすると効果が出やすくなります。



◎バストの構造
バストの9割は脂肪、1割が乳腺です。乳腺は、乳房1つに対して平均15~25個の塊として存在し、乳頭の周りで葉っぱが枝分かれしたように張り巡っています。乳腺が発達している人ほどバストは固く豊かになります。乳腺の脂肪は、乳腺の周りに付いて乳腺を保護しています。バストは脂肪の量が多いか少ないかで大きさ、形状、張り、丸み等が違ってきます。乳房の下には大胸筋があり、バストを支える役目を担っています。この大胸筋の退化や老化が進むとバストが垂れ下がり張りがなくなります。



◎バストのタイプ
バストは、乳腺質と脂肪質の2つのタイプに分けられます。乳腺質のバストは、乳腺がたくさん詰まっているため比較的固めで乳房も大きく垂れにくいのが特長です。脂肪質のバストは、乳腺数に比べて皮下脂肪が多いタイプの乳房です。乳房が柔らかいために仰向けになるとペチャンコになったり、授乳経験があると垂れ下がる傾向があります。



◎バストと女性ホルモンと遺伝の関係
乳腺や脂肪の量が多いか少ないかでバストの大きさ、形状が変わってきます。バストが思春期のころに大きく成長するのは、成長ホルモン、女性ホルモンが活発に分泌して脂肪や乳腺を発達させてくれるからです。その頃に、強い精神的ストレスを受けたり、過剰なスポーツ、過度なダイエットなどをすると発達が阻害され、バストが大きくならないのです。現在は、バストの大きさと遺伝はあまり関係ないと言われています。



人間の細胞の数はおよそ60兆個あると言われますが、その数に個人差はありません。太っている人と痩せている人の違いは、脂肪細胞が膨らんでいるかそうでないかの違いだけなのです。バストも同じで乳腺と脂肪が発達しているかそうでないかの違いです。女性は、思春期に胸が膨らんできますが、この時期に成長ホルモンとラクトゲン受容体が十分に分泌されるかどうかでバストの大きさが決まります。しかし、この2つが時期的にずれて分泌されたり、成長ホルモンの分泌量が少なかったりするとバストが膨らみにくいのです。成長ホルモンの分泌を阻害する要因は、思春期の頃に強い精神的ストレスがあったり、過剰なスポーツ、無理なダイエットをしたりしたなどです。思春期が終わると女性ホルモンや成長ホルモンは分泌量が次第に落ちてきます。そして、この時期を逃すと、もう二度とバストアップはできない、と思われてきました。しかし、最近の研究では、30代、40代になってもバストアップができるという事が、発表されています。



バストを発達させるためには、3つの条件をクリアすれば可能です。

・1つ目は、土壌です。
発達を阻害する乳酸や老廃物をバストから取り除いて発達しやすい土壌を作ることが必要です。これらは、乳房の組織に貼りつき、発達を阻害するからです。



・2つ目は、肥料です。
それは、ヒト成長ホルモンと女性ホルモンです。思春期にはこれらのホルモンが大量に分泌されますが、この分泌を阻害するような環境にいた女性は、バストの発達が阻害されていたということになります。これらのホルモンは思春期を過ぎると徐々に減ってきます。



・3つ目は、育成です。
良い土壌に良い肥料を与えても日々刺激していかないと育成できません。筋肉と同じでバストも何もしなければ衰えてきます。美しいバストを保つには日々のトレーニングが必要です。



これらの3つの条件が揃うと、再びバストは発達してきます。施術中はヒト成長ホルモンや女性ホルモンがたくさん分泌されています。施術の最後にバストアップマッサージをすると効果が出やすいということがわかりました。そして、マシュマロのようなふわふわおっぱいになり、乳首が上向いてバストの形が良くなります。女性にとってバストはシンボルです。バストアップマッサージをすると、乳房は本来あるべき形に戻っていきます。バストは長年ケアしないで放置していると、周りの筋肉との間に乳酸や老廃物が溜まり、それがバストを引っ張ることで形がいびつになっているのです。又、授乳後は乳房内に乳酸や老廃物が大量に溜まっていますから、バスト自体も歪になっています。胸の大きい女性でも、バストアップマッサージをすれば形の良い綺麗なバストになります。バストアップトレーニングは乳房をもっと大きくしたい時に、行う事をおすすめします。そして、バストを支えるために大胸筋、小胸筋を鍛えるエクササイズをしましょう。



男性セラピストによる垂れないバストマッサージを行います。特に胸の大きな女性にはおすすめです。福岡を中心に出張専門のメンズセラピストとして活動しています。男性セラピストの施術にはヒーリングパワーが身体に入りやすく、大変気持ちがよく、大きな手で全身を包み込まれる感覚は、大勢のリピーターから絶大な人気があります。施術に使用する精油は100%天然のアロマオイルです。


コースメニュー








★アロマバストソフト性感マッサージコース(180分):5000円(アロママッサージのみの料金です。現金でのお払いのみとさせていただいております。)


※各ご希望のオプションメニューについて(バストマッサージ、ソフト性感など):性感に関する全てのオプションは無料サービスとなっています。お客様の同意のもと行います。妊娠中のお客様への施術は行っておりません。ご理解の方、よろしくお願いいたします。


 


★ホストコース(180分):3000円(デート、アロマセラピーなど)



コンテンツ




名前:
KOUJI
年齢:
40歳
性別:
男性
出張地域:
福岡市内
趣味:
アロマセラピー
https://aromarilax.amebaownd.com/posts/5225286
男性セラピストのアロマトリートメントでバストアップヒップアップを
何もしていないと年齢とともに下がるバストとヒップ。今の内に綺麗なバストと引き締まったヒップをkeepしましょう。美しい健康なバストは質感の良いバストです。ヒップやバストのケアを行う事によりリンパ詰まりを流し、毒素を排出します。血流を良くし、ヒップやバストへの刺激により効果的に引き締めや形を整えていきます。又、女性ホルモンの分泌を促してバストアップしていきます。

バスト、ヒップアロマトリートメントによるデトックス効果と、乳腺を刺激してバストの悩みを解消いたします。美しく健康なバストは色ツヤが良くコリがありません。美しいバストを作り上げるためにはおっぱいマッサージすればOKという単純な物ではありません。
身体を根本的に整えていかないと、ふっくらおっぱいが定着してくれないのです。赤ちゃんのお尻のように柔らかく、きちんと弾力もあるのが理想です。血流や女性ホルモンの活性化を促していくと個人差はありますが、バスト、ヒップの引き締めやアップする事が可能です。
アロマトリートメントの効果について
心と体は繋がっています。心が不調になれば体にも不調が出てきます。精神的ストレスや肉体的疲労は自律神経のバランスが崩れる事によって起こります。アロマトリートメントは直接肌に触れられる事で血行促進はもちろん、安らぎを導き精神的安定にも役立ちます。人との触れ合いは癒す力があります。心と体の癒しには最適です。

アロマトリートメントの特徴について
アロマトリートメントの特徴はマッサージチェアなどの機械的なモミほぐしと違いアロマオイルを用いてオールハンドで肌へ触れることにより温もりを感じ癒され効果があります。さらにアロマトリートメントによりリンパ節をしっかりと流し体内に溜った老廃物や凝りを排出して基礎代謝を高めると共にデトックス効果も期待されますので、むくみや冷え性の解消、更には美肌効果やリラクゼーションも期待出来ます。一番の特徴としてはリンパの流れが良くなる事です。

不調を感じるには疲労のために体が硬くなっている、血液の流れが悪くなっている事などが挙げられ、そういう状態の人はリンパの流れも滞っている場合が多いです。リンパの流れを促していく事により体の不要物である老廃物が排出されるよう流れを良くしていきます。むくみも改善され、余分な水分や老廃物が出ることによって体が軽くなり快調へと向かいます。又、アロマオイルにより直接肌へ働きかけ潤いをも与えてくれますので美肌効果も期待出来ます。温かいオールハンドの施術で全身の筋肉にゆるやかに圧を加える事で疲れが和らぎストレスを解放します。

心身共に深くリラックスさせ心と体のバランスを整えます。肩、腰のコリ、足のむくみでお悩みの方は、集中的にじっくりほぐします。全身の血行が格段に良くなりポカポカに温まりますので冷え症の解消にも有効的です。むくみ、肩こり、疲労回復まで幅広い女性の悩みの改善にアロマトリートメントは、おすすめです。極上の手技により心と体に潤いを与え健康的な体を取り戻し極楽の世界へと導きます。仕事や家庭でたまったストレスや日頃の疲れを癒しに来て下さいませ。普通のエステでは味わえない男性セラピストのしっかりとした手技で優しく包み込むような癒しをこの機会にお試しください。

美しさを導くのは、女性ホルモンバランスが最も重視されます。ホルモンバランスが適正であれば、代謝機能が上がり健康と美しさを保ちます。毎日の多忙の時間から解放され日々の疲れた体を癒す事が大事では無いでしょうか。女性に求められる癒し、ストレス解消におすすめいたします。
人間の体の中では、多くの種類のホルモンが様々な働きを昼夜に関係なく行っています。その中で女性の心や体の美しさを保ってくれる3つのホルモンをご紹介します。
・幸せホルモン オキシトシン
・女子力アップホルモン エストロゲン
・ほっこりホルモン プロゲステロン
が女性たちにどのような働きをしてくれるのか。又どのような時に分泌されるのかをご紹介します。

・オキシトシン 癒される時のホルモン
・エストロゲン 女子力がアップするホルモン
・プロゲステロン ほっこりさせるホルモン

◎オキシトシン 癒される時のホルモン
オキシトシンは、あなたが幸福感に包まれている時にたくさん分泌されるホルモンです。又、幸せホルモン、愛情ホルモン、抱擁ホルモンとも呼ばれます。どんな時に分泌されるかと言いますと
・人や愛玩ペットと接触があったとき
・愛撫や抱きしめられたときのような心地よい触れ合いがあったとき
・子宮を刺激されたとき
・赤ちゃんを出産するとき
・赤ちゃんにおっぱいをあげているとき

あなたが好きな人とスキンシップをとっていると分泌されます。SEXでオーガズムに達するとき、出産で子宮を収縮されるときに分泌されます。赤ちゃんに乳首をくわえられたときにも分泌されます。又、親しいお友達との楽しいおしゃべりのときやリラクゼーション、エステを受けているとき、可愛いペットを撫でているときや胸に抱いているときにも分泌されます。つまり人との肉体的な触れ合いやリラックスしているときにたくさん分泌されるホルモンです。異性との性的な接触があったときにも分泌されるので男性セラピストによるアロマトリートメントのときにもよりたくさん出てくることが想像できます。オキシトシンの分泌を高めるアロマトリートメントは、優しいタッチングによるボディケアです。良質なマッサージオイルで摩擦を極力少なくし軽く触れ撫でるさするようなボディタッチが適しています。


◎エストロゲン 女子力がアップするホルモン
女性には男性と違って月経があります。月経が来て次の月経が来るまでの期間を月経周期といいます。月経周期の長さは人さまざまで次に来る月経によってリセットされるのですが月経周期にはもう1つ潮目が変わるときがあります。それが排卵のときです。月経がはじまるとあなたの体の中では、まず経血の排出とともに子宮をきれいにリセットしていきます。同時に卵巣の中では卵胞が成熟をはじめます。その卵胞から成熟と同時に分泌されるホルモンが卵胞ホルモン「エストロゲン」なのです。

排卵が近づくとエストロゲンの分泌がピークになります。そのピークのサインとして膣から出るおりものの量の変化が感じられます。具体的には下着につく量が増えたり指ですくってみるとビヨーンと伸びるのでお分かりになるかと思います。さてエストロゲンがあなたにどのようなことをもたらしてくれるかというと
・女性らしい体つきを保ってくれる
・感情の起伏の激しい変化を抑えてくれる
・血管を拡げて血液の流れをよくしてくれる
・髪や肌質をきれいに整えてくれる
・骨や歯を丈夫にしてくれる

月経があけるとともにエストロゲンの影響で女子力が上がり排卵して次の月経に向かうにつれ肌が荒れるなど体調が低下し再び月経が来てそれがあけるとまた調子が上がってくるを繰り返すわけです。この時期にアロマトリートメントなど何かをしてあげると、より女子力がアップすることが期待できます。全身フルボディをアロマトリートメントしても良いですし、月経あけなので骨盤から下半身にかけてのアロマトリートメントもおすすめです。肌質もすごくよくなろうとしているので化粧水やちょっとリッチな美容液もバンバン使うようにします。月経あけから排卵までの期間はエストロゲン支配のときなので、あなたの女子力がアップしている時期です。この時期は何をしても楽しいときなのでショッピングや飲み会、残業、夜更かし等へこたれず全然平気です。逆にこの時期にそうでもないとホルモンバランスや体調に影を落としはじめているのかもしれません。


◎プロゲステロン ほっこりさせるホルモン
卵巣の中の卵胞から卵子が飛び出す、いわゆる排卵がされると残された卵胞が黄体というものに変わり新たなホルモンが分泌されるようになります。黄体ホルモン「プロゲステロン」です。このプロゲステロンの分泌がが減少していくと次の月経がはじまるのです。さてプロゲステロンがあなたにどのようなことをもたらしてくれるかというと
・子宮の内膜をフカフカにする
・乳腺が発達する。胸が張ってくる
・体温が上昇する
・顔や上半身が温かい。反面下半身がむくんだり冷感がある
・心と体の高揚感が高まる

体温を上昇させる働きがあるので高揚した気分になります。睡眠はしっかりとっているのだけど、なんとなく日中でも眠い感じがするときがあります。体全体がほっこり感に包まれるので作業などがゆったりした感覚になることがあります。体の中のエネルギーが上半身に偏った感じになるので、この時期のアロマトリートメントはフルボディまたは上半身をメインにするとよろしいかと思います。首、肩から背中にかけてエフルラージュしデコルテやリンパを流します。そうすることで肩コリや頭痛、胸の張りなど上半身のお悩みを解消することが期待できます。もし脚など下半身のほうにも問題がある場合にはまとめてフルボディにアロマトリートメントしてしまうべきです。

体温が上昇してくると肌の乾燥と皮脂の分泌が目立ってきます。ニキビや湿疹の原因にもなるので食生活で味の濃い物や辛い物など控えることも大切です。この他にも幸せホルモン「セロトニン」や脂肪の代謝に関係する甲状腺ホルモンなどがあります。癒しホルモン「オキシトシン」、女子力アップホルモン「エストロゲン」、ほっこりホルモン「プロゲステロン」は、直に体に働いていることを感じやすいので、この3つのホルモンとアロマトリートメントを組み合わせることの方が効果が分かりやすいかと思います。
バストアップするためのマッサージには2つのステップがあります。第1ステップは、バストに沈殿している乳酸、老廃物を取り除きマシュマロのようなふわふわおっぱいにするアロマトリートメントです。第2ステップは、バストを鍛え、張りのある胸にし、カップ数を上げるためのバストアップトレーニングです。個人差はありますが、1カップから最大2カップまで大きくすることが可能です。さらに、マッサージを続けるほど乳首や乳輪がピンク色になり、乳首が上を向いて乳房の形が美しくなっていきます。女性にとってバストはシンボルです。自分の乳房と思えないほどの喜びを得る事は間違いないです。
女性ホルモンとは、
100種類以上あるホルモンの中で女性ホルモンと呼ばれているのは、2種類だけです。
◎美のホルモン エストロゲン
◎母のホルモン プロゲステロン
どちらも、卵巣で作られます。

●役割について
・エストロゲンは、乳房を豊かにしたり、肌や髪の毛を艶やかにしたりといった美容に嬉しい効果の他、骨や血管を丈夫にするなどの作用があります。

・プロゲステロンは、妊娠に備えて体温を上げたり、子宮内膜をふかふかにしたりするなどの働きを担います。

●女性ホルモンをアップさせるには、
・ランチには肉と魚を 
女性ホルモンの元になるのは、良質なタンパク質と脂質です。それを作るためには、良質な肉や魚などのタンパク質を摂る事が大事です。

・ドキドキを忘れない 
好きな人、友人と話したり、感動する映画を見たり、おしゃれしてデートしたりなど、ドキドキするようなトキメキを生活にプラスしてみましょう。トキメキはホルモン活性に有効な方法です。

・太陽の光を浴びながら深呼吸を 
大きく背伸びをするような気持ちで深く息を吸い、吐き出します。これを5回繰り返してください。深い呼吸は、自律神経を整えるのでホルモンバランスをケア出来ます。

アロマトリートメントでホルモンバランスを崩す最大の原因「ストレス」を撃退し、ハッピーライフを送りましょう。植物の成分を凝縮した精油の作用はとてもパワフルです。単にリラックスするだけではなく、胃や腸の働きを整えたり、生理を促して規則的にしたりとその効果も様々です。近代アロマセラピーが発祥したフランスでは、精油を内服したり、直腸などの粘膜に投与して、その薬理作用を得ることが医師による医療行為として行われております。

アロマセラピーのメカニズム
精油成分は、3つのルートを通じて心と体に作用します。
●鼻から脳へのルート
アロマセラピーの最もポピュラーなものがこのルートです。香りをかいで、脳で「におい」を認識します。視床下部から下垂体へと伝わって体が反応します。

●肺から血液へのルート  
アロマバスに入って深呼吸したり、フェイシャルスチームで蒸気を吸入したりして得られる作用がこのルートです。肺の粘膜から精油の有効成分が血液に入って体内に流れるルートで、その効果は全身に行き渡ります。

●皮膚から血液、リンパへのルート  
アロマトリートメントで得られる作用がこのルートです。精油はとても小さく脂溶性の物質で出来ているため、体を守るための表皮を通過し、表皮から真皮に浸透していきます。さらに真皮にある血管やリンパ管に吸収され、全身の組織や器官に作用します。
男性セラピストが施す美容マッサージ、アロマトリートメントは、女性のお客様の体から多くのホルモンを分泌させます。その中の一つ成長ホルモンは筋肉を引き締め代謝を高めます。そして女性ホルモンはメリハリがある女性らしいボディーラインを生み出します。その相乗効果は通常のオイルマッサージ以上の効果を引き出します。

女性らしいスタイルになれます。女性がダイエットに取り組むとただ痩せるだけで女性らしさに欠けるスタイルになる事があります。アロマトリートメントは、アロマオイルエステを通して女性らしいスタイルを手に入れてもらいます。バストは大きく、形を整えます。ヒップは柔らかさの中でキュッと引き締めウエストも引き締めて、きれいなお腹のラインを作ります。

・女性の体の感度が上がり、快感に敏感になります。
・女性ホルモンが分泌されます。
・焦らし効果で、心と体が充分に興奮できます。
・リラックスして癒されます。

又、女医が教える女子力アップ講座でも、どんな化粧品よりも女性ホルモンの分泌で肌がきれいになると紹介されています。特に10代後半から20代後半までに、女性ホルモンの分泌が少ない人は、老化が進むのが早いと言われています。​女性ホルモンには、​女性独特の丸みのある体つきを作り出したり、お肌のうるおいを保ちコラーゲンの再生能力を高めるなど、女性の美しさを支える働きがあります。ですから性的な欲求の欠如は、女性ホルモンの分泌に影響を及ぼし、老化が早くなるのです。男性セラピストのアロマトリートメントは、女性誌でも特集が組まれるなど急激に需要が増え続けています。
◎男性セラピストの温かい手で癒します。
男性セラピストによるアロマトリートメントの特徴は、力強いタッチと大きな包み込むような手の温かさにあります。女性とは異なり、男性の手はとても温かく、特に冷え症にお悩みの女性の手や足を、男性セラピストの手の優しいぬくもりで芯まで温めていきます。

男性の手は温かいのは、男性が女性に比べ筋肉量が多く、脂肪が少ないからです。筋肉量と脂肪量の男女差は19~39歳の日本人平均において約5割の違いがあります。人間の体において、筋肉は熱を創り出す役割を担っています。つまり、体のなかの暖炉のようなものです。一方、脂肪は熱を作る出すことはなく、熱を遮断する、つまり保温機能を担います。女性は、暖炉が小さく又、その暖炉の熱も脂肪によって遮断してしまうため、体表面は低温となります。男性は暖炉が燃え盛っており、その炎を遮断する脂肪も少ない、だから男性の手は温かく感じるのです。

男性の手は大きい、というのは、データからも示されています。男女の平均で比較すると男性の手の面積は女性より18%大きいです。男性の方が平均身長が高いため手も大きい、というだけでなく、同じ身長で比較しても男性の手のほうが女性より9%大きいです。女性の手の形の特徴は、指が長く手が全体として細い、という点です。一方、男性の手は指が短く横に広いです。男性によるアロマトリートメントを受けると、包み込まれるような感じがする、というのは、男性の手が幅広いという形の特徴とその大きさにあります。


◎アロマオイルの香りに包まれると
アロマオイルの香りが、女性ホルモンの分泌を促進、バランスを整えます。アロマトリートメントによって女性ホルモンのバランスを整えることは、美肌や美髪、くびれた女性らしいスタイルを保つためにもとても大切な事です。女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類あります。プロゲステロンが出産、妊娠にかかわり、エストロゲンが言わゆる女子力にかかわる女性ホルモンとなります。脳の視床下部というところが、その二つの女性ホルモンをバランスよく分泌しています。女性ホルモンは体内の細胞でしか作られないために、食事からはほとんど摂取できません。ストレスの少ない健康で規則正しい生活を心がける、といった地道な努力が必要です。

しかし、仕事が忙しい、育児が大変、就職活動に強いストレスを感じている、といったときに、健康な生活を求められても、ななかな難しいのが現実です。そういう女性に男性セラピストによるアロマトリートメントが、おすすめです。男性の手によりマッサージされているという意識は、女性ホルモンの分泌を促進し、女性らしい健康な美しさを取り戻すのに大きな効果があると言われます。ローズオイルは、女性ホルモンの分泌を促進する効果があるといわれます。又、ローズに多く含まれるゲラニオールという成分は女性ホルモンと同様の働きをもち、女性の美を維持すると言われます。ゼラニウムには女性ホルモンのバランスを整える効果があります。

クラリセージに含まれるスクラレオールという成分は、エストロゲンとよく似た化学構造を持ち、PMS(月経前症候群)の症状を改善する効果があるといわれます。その他、イランイランも女性ホルモンの分泌を促進することで、多くの女性に高い人気があります。ローズやゼラニウムといった精油をトリートメントオイルにブレンドすることで、女性ホルモンの分泌促進効果はさらに高まります。最近ちょっと心が乾いているかも、女子力が低下しているかも、という女性には男性によるアロマトリートメントをおすすめいたします。
◎男性セラピストのアロマトリートメントで、睡眠不足解消と女性ホルモンの活性化を
女性ホルモンの分泌は、何もしなければ通常、加齢とともに減少していきます。ストレスの多い現代社会では、女性ホルモンの分泌の乱れや低下を招きやすく、不眠や自立神経の失調、生理不順や不妊、若年性閉経などとも密接な関係があると言われています。女性ホルモンの低下は、美容の面では卵胞期におけるコラーゲンの増殖が上手くいかずに、肌のシミやシワ、タルミができやすく、髪の毛のコシやツヤも少なくなり、抜け毛や薄毛の原因になります。さらに、爪や骨格にも悪影響を与えたり、太りやすく、ボディラインも崩れやすくなります。女性ホルモンの分泌をコントロールするのは、脳にある視床下部と下垂体です。まず、視床下部からの指令で下垂体から性腺刺激ホルモンが分泌して卵巣ホルモンに働きかけ、卵巣から女性ホルモンのエステロゲンとプロゲステロンが分泌されます。

いつまでも女性らしい美と健康を保つためには、女性ホルモンの分泌を促すことがとても大切です。基本的にはバランスの良い食事、睡眠、運動、血行促進など、健康的に毎日を過ごすことが何より重要です。ストレスの解消とリンパの流れや血行を促進するアロマトリートメントを定期的に受けることも大変効果的だと言えます。女性セラピストよりも男性セラピストのアロマトリートメントの方が、女性ホルモンの分泌が活発になると言われています。


◎睡眠不足は大きな問題
日本人は、世界の中でも睡眠時間が特に短い国民です。日本人のなかで睡眠不足を特に大きな問題と感じている人は少ないと思います。もし健康に影響があっても、頭痛や集中力の低下くらいだろうと軽く考えるのではないでしょうか。睡眠不足に関する研究では、実は恐ろしい健康リスクがいろいろ発見されています。なんと睡眠不足の人は、糖尿病やガンにかかるリスクが高くなるという研究結果もあります。睡眠の質を上げれば睡眠不足は解消できます。

◎アロマセラピーで睡眠不足の解消と効果
良い睡眠を取ることで起こるメリット
良い睡眠を取ることができると、様々な良い効果が期待できます。

1.美肌効果
睡眠中に分泌される成長ホルモンは、肌の修復、再生をするといわれています。睡眠中分泌される成長ホルモンのおかげで、細胞の修復や代謝の促進を促し、美肌への効果をひきあげてくれます。肌は、日中、常に紫外線や外気ストレスなどにさらされダメージを受けています。

この時、成長ホルモンは 肌の細胞分裂を促して新しい細胞をつくり出す(ターンオーバーの促進)、ダメージを受けた細胞を修復して再生させるといわれ、深く良質な睡眠は、どんな美容液もかなわない最高の美容法なのです。成長ホルモンは、活動している日中にはあまり分泌されず、夜しっかりと身体を休めてリラックスして寝た”ぐっすり睡眠中”に分泌されます。特に 入眠直後の3時間は、お肌のシンデレラタイムといわれており、入眠後、約30分後から始まる一日のうちで最も深い眠りを合図に成長ホルモンが最も多く分泌されるためです。夜更かしをしたり、睡眠時間が不規則になると、ホルモンバランスや体内リズムが崩れたり、ターンオーバーが乱れ、乾燥やくすみ、しみ、シワ、たるみといった肌トラブルにつながることも出てきます。

2.ダイエット効果
充分な睡眠がとれていると、満腹を感じるレプチンと呼ばれるホルモンと体脂肪を減らすコルチゾールというホルモンがでます。さらに睡眠中に多く分泌される成長ホルモンは、基礎代謝をあげてくれます。睡眠時間が6時間以下と少ないと、このホルモンは分泌することが難しいとされているのです。効果的な睡眠時間は、7時間以上です。また、睡眠不足になるとグレリンという成分が増え、フライドポテトやナッツのような高カロリーの食事を好むようになる傾向が顕著に現れるそうです。つまり、寝不足になるだけで食事量が増え、しかも太りやすい食事を好むようになるということになります。

3.記憶力効果
私達は、起きている時は目を開け続けているため、次から次へと情報を脳へ送り続けている状態です。この状態では脳は入ってきた情報を整理する時間がなく、頭に定着させることができません。情報を整理するために「情報が入ってこない時間」が必要であり、これが「6時間以上の睡眠」です。睡眠中は目を閉じて外部からの情報を遮断しているため、後から入ってくる情報がなく記憶の整理がスムーズに行われます。睡眠中の情報は夢を見ている時におこなわれると言われています。夢の内容が支離滅裂なのは様々な記憶を整理している途中段階を見ているからなのです。記憶が整理されれば頭に定着します。記憶を定着させるためにも睡眠は必要不可欠なのです。

4.免疫力を高めます。
質の良い睡眠をしっかりと取ることができる人は、免疫力が高く健康です。逆に不眠になると高血圧、糖尿病になりやすいそうです。睡眠が免疫力を高め、さらに生活習慣病の予防にもなるのです。睡眠は1日働き続けた体を休ませ、脳や神経、細胞に休息を与える大切な時間です。眠ることにより、ホルモン分泌や内蔵機能の働きが整えられるため睡眠不足になると胃腸のトラブルなど体にも様々な悪影響がでできます。夜22時以降に免疫力は最も高くなります。この時間帯に質の良い睡眠を取ることで内蔵や細胞の修復が行われ疲れた脳や荒れた内蔵の働きを正常に整えます。しっかりと休息をとった免疫系も活発に働いてくれます。

5.ストレス解消
ストレスを感じるという状態は脳がつかれている状態であるということでもあります。「嫌なことがあっても寝るとすっきりした」と感じる人もいるように質の良い睡眠を取ることによって疲れた脳を休ませることができるので睡眠は非常に効果的なストレス解消法でもあります。睡眠の不足した状態が続くと徐々にストレスは溜まっていき、うつ状態をはじめとする精神疾患や不眠症などの睡眠障害を発症する原因にもつながります。睡眠は私達にとって必要不可欠であり、大切な時間です。

まずは、アロマトリートメントを試し、質の良い睡眠をとってみてはいかがでしょうか。きっと心も体も喜び、ぐっすり眠れるのではないかと思います。

睡眠不足の怖さ、体への影響
睡眠不足は脳に老廃物が溜まりアルツハイマーの原因になります。人間は寝ている間に、体の浄化や修復、回復を行っています。つまり睡眠時間が十分でないと、体には老廃物や疲労が蓄積して、ある日突然生活に支障が出てくるなんてこともあり得るんです。全身の老廃物を運ぶのにリンパが働いていることは知っていますか?毛細血管と同じように体の隅々まで張り巡らされたリンパが、日常の活動で出た老廃物を集めて排出させます。しかし、脳にはリンパがありません。脳は老廃物を排出するのに別の方法があり、脳内を満たしている脳脊髄液(CSF)と呼ばれる液体が老廃物を吸収し、血液中に排出しているんです。この脳脊髄液なんですが、実は寝ている間しか働かないんです。

脳は日中の活発に活動している間は老廃物の排除を後回しにし、睡眠中にようやくその日に蓄積された老廃物を排出し始めます。脳の老廃物としては、脳で常に作りだされているタンパク質のアミロイドβが有名です。このアミロイドβは、脳に蓄積するとアルツハイマーなどの恐ろしい病気の引き金になると言われています。睡眠不足は、アルツハイマーになるリスクが高まります。アミロイドβと呼ばれるタンパク質が、脳内で蓄積することでアルツハイマー型認知症になると考えられています。

睡眠不足の問題、睡眠の質について
日本人は、世界の中でも睡眠時間が特に短い国民です。日本人のなかで睡眠不足を特に大きな問題と感じている人は少ないと思います。もし健康に影響があっても、頭痛や集中力の低下くらいだろうと軽く考えるのではないでしょうか。睡眠不足に関する研究では、実は恐ろしい健康リスクがいろいろ発見されています。なんと睡眠不足の人は、糖尿病やガンにかかるリスクが高くなるという研究結果もあります。睡眠の質を上げれば睡眠不足は解消できます。
胸を大きくするためには、女性ホルモンが必要と言うようなことを聞いたことのある人は多いでしょう。女性ホルモンは体質によるものだから分泌量は変えられないと諦める人もいることでしょう。確かに女性ホルモンの分泌には個人差がありますが努力でカバーできることもあります。女性ホルモンを増やすためには一体どうしたら良いのでしょうか。女性ホルモンが乳腺を発達させて、胸を大きくする。女性の胸は9割が脂肪で残りの1割が乳腺でできていると言われています。ただ、乳腺は脂肪に囲まれて守られていますので、乳腺が発達すれば乳腺の周りに脂肪がたくさん付いてくれることになります。

乳腺を増やすためには、女性ホルモンの分泌を増やす必要があります。中でもエストロゲンの分泌が増えると、乳腺が発達しやすく、胸が大きくなります。質の良い睡眠が女性ホルモンを増やします。胸を大きくしてくれる女性ホルモンの分泌を増やすためには、十分な睡眠を取る必要があります。と言うのはホルモン分泌が盛んな時間帯は、夜の睡眠時間中だからです。特に夜22時から翌朝2時までの時間帯の睡眠中は、もっともホルモンの活動が盛んな時間帯です。就寝の少し前からパソコンやスマホの使用を控えて、薄暗い部屋でリラックスしていると、就寝時間に寝付きやすくなります。

ハードな運動も運動不足も駄目です。スポーツ選手にはハードな運動で、女性ホルモンのバランスを崩してしまう人が多いものです。一般の人でもハードな部活動やスポーツの習い事などで、女性ホルモンのバランスを崩してしまう人もいます。ハードな運動とは逆に、運動不足も女性ホルモンの分泌を減らしてしまうことがあります。胸を大きくするためには、運動は適度を心掛けることが大切です。普段全く体を動かさない人は、たまにはウォーキングやジョギング、階段の昇降運動などをしてみると良いでしょう。

過食も過度な食事制限も駄目です。やりすぎもやらなさすぎも良くないのは運動に限ったことではなく食事に関してもです。ストレスによる過食も胃に負担がかかりますし、過度な食事制限も胸に必要な栄養を体内に取り入れることができません。女性ホルモンの分泌を増やすためには、栄養バランスの良い食事を1日3食摂りましょう。エストロゲンの原料になる動物性タンパク質、植物性タンパク質を適度に摂取することも大切です。胸を大きくする効果のある女性ホルモンの分泌は、生活の送り方次第である程度は増やすことも可能です。ただし、ハードな運動や過食などの極端なことをするのは良くありません。適度な運動や栄養バランスの良い食事、夜の十分な睡眠などを心掛けましょう。

ストレスの多い現代の生活ではホルモンのバランスが崩れ女性特有の悩みを抱えた人が増えてきています。女性の体は繊細ですので、ちょっとしたバランスの崩れが原因でPMS、月経不順などの症状が出やすいので、いつまでも健やかに美しくいられるように早めのケアをすることが必要です。女性の体はホルモンの分泌で微妙に体調が変化します。女性が閉経するまでに体内で分泌される女性ホルモンの量はスプーン一杯といわれています。そんなわずかな量の分泌が少しくなるだけで体調を崩してしまい、女性の体は繊細にできています。特に加齢によるエストロゲンの減少は女性にとって不快な症状を引き起こす原因になります。エッセンシャルオイルを上手に使用して女性特有の悩みを解消しましょう。
◎アロマトリートメントでストレス対策
鍼灸、指圧、按摩、西洋式マッサージ、柔道整復は全て被施術者の体に触れるか道具を用いて筋肉やツボを刺激する方法で肉体的なストレスを和らげるための手技となります。しかし、自由な発想で施術法を組み合わせる事が出来る整体の世界では気功法やアロマトリートメントなど直接体に触れる事無く精神的なストレスの緩和を促す方法も存在しています。中にはその効果の程を疑う人も居るかもしれませんが、五感は脳に直接刺激を送るものですので、アロマトリートメントの様に香り(嗅覚)を利用して脳が感じているストレスを緩和させる方法というのは理にかなっていると言えます。

・香りのもたらす作用=記憶を引き出します。
人には五感(触覚、嗅覚、味覚、視覚、聴覚)があります。アロマセラピーは、エッセンシャルオイルなど香りの強い精油を用いて脳に刺激を加える方法になります。一見すると眉唾と思われがちですが、香りにはいろいろな作用があり、その効果は思いのほか大きいものなのです。そんな香りが、もたらす作用の一つが記憶にまつわる効果です。人の脳は巨大なデータバンクと言われています。一度見聞きしたり、体験した物は脳の中で優先順位が付けられ記憶の保管庫にしまい込まれます。この時一度しまわれた記憶を引き出す鍵となるのが香りなのです。

移り変わりの激しい世の中で、記憶を追体験するというのは中々難しいものですが、キンモクセイの香りを嗅ぐと幼い時の記憶が蘇ったという経験をした人も多いと思います。今でこそ観賞用として栽培されているキンモクセイですが、昔のように下水道が発達していなかった昭和40年代ころまではトイレの側に必ずと言ってよい程植えられていて至る所で目にする植物でした。この頃に幼少期を過ごした40代後半の人より年配になると、キンモクセイの香りを嗅ぐと小さい頃の記憶が芋づる式に蘇るという人も少なくありません。同様に脳は記憶を引き出す鍵として香りを利用する事が非常に多いのです。

・香りのもたらす作用=精神状態を左右します。
お線香に良く用いられている白檀の香りには鎮静作用があると言われています。お線香は煙による魔除けの意味があるのですが、そこに白檀が練り込まれているのは参拝者の精神を落ち着かせるためだと言われています。又、ミントやレモンのさわやかな香りには気分をリフレッシュさせる作用があり、バニラやチョコレートの甘い香りは気分を高揚させると言われています。また生ゴミの臭いや腐乱臭はみんなが不快な気分になりますよね。このように香りには人の精神状態を左右させる強い作用があるのです。

アロマセラピーは、香りの持つ精神作用と記憶を制御する作用を応用した療法になります。香りの好みは人それぞれですが、良い香りは気分を良くし(興奮若しくは鎮静作用)、嫌な臭いには気分を悪くさせる作用があるのは誰にも共通する傾向なので、香りを分類してその人の精神状態と記憶にダイレクトにアプローチする方法が行なわれます。ミント系の香りは気分を爽快にしてくれるだけでなく、強い殺菌作用があるという事を知識として知っていればミントの香りを嗅いだだけで抵抗力が向上するというデータがあるのです。これを利用してミントは、殺菌作用があるという事を刷り込ませるためにアロマオイルの説明を施術毎に行なう事で、実感の度合いが高まってくるというわけです。

柑橘系の香りは唾液腺を刺激する作用があるため、ドライマウスで歯周病や虫歯になりやすく口臭も強い人にはミント系の香りと柑橘系の香りをブレンドした精油を用いるなどの方法がとられます。ウッド系の香りには気分を落ち着かせる作用があるのと、スパイスの香りには血流量を増加させるという作用があるため、肩こりや腰痛など慢性的な筋肉疲労症状にはこれらをブレンドした香りを使い、リラックスした状態でアロマトリートメントを受けると整体の効果が相乗的に向上することも知られています。


◎更年期障害には、アロマトリートメントがおすすめです。
更年期にさしかかると女性ホルモンの分泌が段々減少してくることから不定愁訴と呼ばれる様々な症状が出てきます。身体的な症状としてのぼせ、ほてり、だるさ、頭痛、冷え性、めまい、手足のむくみ、肩こり、腰痛、肌荒れ、肌の乾燥など精神的な症状やる気が起きない、不眠、憂うつ、不安感、イライラなどが挙げられます。これらの症状は病気ではないものの、人によっては日常生活に支障をきたすほど辛さを感じる事もあります。でもイライラするくらいで病院なんて。と放置してしまっている人も多いかもしれません。もしくは年齢的なものだから仕方ないとあきらめてしまう事もあるのではありませんか。

そんな時こそ自分にあったアロマで不調を改善して欲しいのです。アロマセラピーで使う精油にはホルモンバランスを整えるなど様々な働きがありこれらの辛い症状を和らげてくれます。精油は主に水素と炭素からできた有機化合物です。香り自体は目には見えませんが分子として空気中に存在しています。お花の甘い香りも樹木系のすっきりした香りも基本は水素と炭素です。その香りの分子が鼻に入ると「いい香りだな」と脳が認識します。鼻から入った香りの分子は途中で電気信号に変わり嗅神経を通って脳の奥深くにある大脳辺縁系というところに届きます。大脳辺縁系は、考える脳である大脳新皮質と違って感じる脳です。理屈抜きで快、不快を感じるのはこの大脳辺縁系がそれを判断するためで、香りもその人によって感じ方が違いますよね。それは脳に届いた時の受け止め方が違うためです。

香りと更年期の関係は、この大脳辺縁系に秘密があります。大脳辺縁系には自律神経を司る視床下部やホルモンバランスを司る下垂体といった部位があり、香りがここに直接届くことでホルモンバランスや自律神経のバランスを整えることが出来るのです。精油には、エストロゲン様作用といって女性ホルモンと似た働きをするものがあり、その精油の香りを嗅ぐと自然とホルモンバランスが整ってくるので女性の不調を改善するのに役立ちます。その他にも痛みを和らげたりイライラを鎮めるなど更年期障害の諸症状を緩和する作用が色々あります。症状によってうまく使い分ければ辛さも和らいでいく事でしょう。

アロマセラピーは自然治癒力を高めます。アロマセラピーは代替療法とか自然療法とも呼ばれますが植物の力を借りて心と身体が本来あるべき姿に戻してく健康法です。西洋医学はピンポイントでその症状を解消することを目指しますが、アロマセラピーは体全体を見ながら使う精油を選んでいきます。ヨーロッパが発祥の物ですが東洋の漢方と通じるものがあります。頭が痛い時に痛み止めの作用があるものを使うというだけなく、心の緊張をほぐすことで痛みを和らげていくというような使い方もあります。

起きている症状だけにフォーカスするのではなく、今心身がどのような状態にあるのかという事を考えながらケアしていくことで、体自体が健康になろうとする力を取り戻すのがアロマセラピーの素晴らしいところです。ストレスを和らげることで免疫力の向上などにも役立ちます。更年期障害についてもその症状の感じ方、辛さは人それぞれです。少しでも本来のベストな状態に持っていくためにアロマセラピーが役に立ちます。